行政書士とは?

行政書士とは、読んで字の如く行政関連の書類、及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理、作成に伴う相談などが行える国家資格者のことです。

しかし、法律関係の仕業(主に弁護士、司法書士、行政書士)との切り分けや、実際にどのような実務を担当するかについてはとっさに出てこないことがあります。

その辺りを踏まえて、ここでは行政書士の成り立ちや業務内容について説明していきたい思います。

行政書士のルーツ

行政書士のルーツ法律系の主な資格として、1872年(明治5年)の太政官布告無号達にて発せられた司法職務定制にて、証書人、代言人、代書人、の職業が制度として定めらたことが起源となります。
証書人は現在の公証人、代言人は現在の弁護士であり、代書人が、現在の司法書士および行政書士でした。

実は現在の司法書士と行政書士は、同一の代書人として規定されていたのです。

ただし、代書人制度において訴状などの裁判書類などの作成を主たる業務とするのか、その他一般の文書や図面作成を主たる業務とするかどうかによって職務領域が分かれていたようです。

つまり、訴状などの裁判書類などの作成を行っていた代書人が後の司法書士のルーツとなり、その他一般の文書や図面作成を主たる業務としていた代書人が、後の行政書士のルーツなっています。

そのうち、市町村役場、警察署等に提出する書類の作成を業とする者は、行政代書人として活動を行っていました。

その後、1875 年(大正8年)4月に、司法代書人法(現在の司法書士法)が制定され、翌1876年(大正9年)11月25日に代書人規則(現在の行政書士法)が制定されました。
そして、現在の司法書士法3条、行政書士法1条の2第1項に相当する条文ができ、司法代書人、行政代書人の職務範囲が法律的に制定されました。

 行政書士のルーツとは?
1872年(明治5年)の太政官布告無号達によって制定された代書人がのちの行政書士の始まりだったのです。

現在の行政書士の誕生

国会戦後、代書人規則は、「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律」により、1947年(昭和22年)12月に失効しました。

その後、住民の便益に向け法制化を求める社会の動きを受け、1951年(昭和26年)2月10日、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的(行政書士法1条)とした「行政書士法」が成立し、同月22日法律第4号として公布され、3月1日に実施されました。

このようにして行政書士制度は発足し、幾度の法改正を経て現在に至っています。

そして1951年(昭和26年)に行政書士法が公布され、現在の行政書士が誕生しました。

 現在の行政書士が誕生したのは?
現在の行政書士は、1951年に住民の便益に向け法制化を求める動きより制定され誕生しました。

行政書士の実務内容について

「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務

官公署に提出する書類の作成、及び相談や、これらを官公署に提出する手続について代理・作成する業務を請け負います。
その書類のほとんどは、許可認可(許認可)等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。

ただし、司法関係の書類については「司法書士」の範囲となる為、作成することできません。

「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務

「権利義務に関する書類」について、その作成、及び相談を請け負います。
※権利義務に関する書類とは、法律的な意味での権利義務のことで、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類のことを指します。

「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

「事実証明に関する書類」について、その作成、及び相談を請け負います。
ただし、他の法律(司法書士や税理士等の他の士業の独占業務に関わるもの)において制限されているものについては、業務を請け負うことはできません。
※事実証明に関する書類とは、社会生活に交渉を有する事項を証明するのに必要な文書のことを指します。

行政書士受験生に人気の通信講座ベスト3!

フォーサイトの行政書士通信講座 公式サイトフォーサイトで使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べて理解のしやすさという点においては一番の教材です。

受講費用に関しても基礎講座+過去問講座のセットで10万円以下となっており、講義付きの通信講座の中では業界最安水準価格となっております。

クレアール行政書士講座 公式サイトクレアールの通信講座は、平成18年度の試験変更からの過去問分析から抽出した「合格必要得点範囲」に的を絞った学習カリキュラム(通称:非常識合格法)が組まれてますので、無駄なく短期間で合格を目指すことが出来ます。

また、単科講座も充実しており、独学で行政書士を目指す方が弱点補強として取り入れていることも非常に多いです。

お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

ユーキャンの公式サイトテレビCMでおなじみのユーキャンですが、ここの行政書士合格講座は過去5年で1600名以上の合格者を輩出している実績十分の講座です。

初学者の方でも分かりやすい表現で構成されたテキスト、回数無制限の質問サポート、添削指導など、ユーキャンにはこれから行政書士の勉強をされる方のための環境が充実してます。

受講費用についても業界最安水準の63,000円となってますので、予算を抑えたい方は要チェックですね。

コメントを残す



CAPTCHA