受講料を比較する際に押えておくべきポイント

行政書士の通信講座は、基礎から過去問・答練を含むカリキュラムもので、安いものであれば10万円以下からありますが、20万円を超えるものまで幅広くあります。

「受講料が高いから内容が充実している」
「安いからあまり良くない」

と、決めつけてしまいがちですが、実はこれは間違いであって、高いもの安いものにはそれなりの理由があります。

そこで本記事では、通信講座の受講料を比較する際にどういったポイントに注意する必要があるのかを解説したいと思いますので、お目当ての通信講座の受講料をチェックする際の参考にしてください。

教材・カリキュラムの内容による差

フォーサイトの行政書士講座 教材一式教材・カリキュラムで大きく受講料に影響するポイントとしては「講義教材が付いてるか付いてないか?」という部分となります。

講義教材が付いているものは、一部の通信講座を除けば総じて10万円以上が相場となっており、逆に講義教材が付いていないものであれば、10万円を超えることは稀であり、比較的リーズナブルな価格設定になっているところが多いです。

また、カリキュラム部分においても初心者向けの基礎からみっちり組まれている通信講座であれば、それだけ学習時間も長くなり、それに比例して受講料も高くなりがちですが、学習経験者向けの通信講座であれば、基礎部分が簡略化されており、受講料もその分が安くなる傾向にあります。

アナタの基礎学力や希望する学習スタイルによって、条件は決まってくると思いますが、通信講座の受講料を比較する際は、こういった条件を揃えることで適正価格なのかどうかが見えてきます。

受講生サポート・各種サービスの内容による差

サポート通信講座では、学習の効率アップやモチベーション維持が出来るようにと、様々なサポートや、サービスを備えているところが多く、その種類は多岐に渡ります。

代表的なサポート・サービスの内容を挙げると以下のものがあり、大抵の通信講座ではこの中のいずれかは含んでいると思います。

代表的な受講生サポート・サービス
  • 質問サポート
  • 添削指導
  • Web学習システム
  • 学習指導メルマガ
  • 学習カウンセリング
  • スクーリング(教室講義)
  • 自習室の開放

どちらかと言えば、通信講座は独学に近いスタイルなので、こういったサポートをうまく活用していけば、飛躍的に学習効率がアップしますが、やはりサポートの種類が多ければ多いほど、その分の費用も当然掛かってきます。

こういったサポートは最初は便利そうだと思い、ついつい色々付いている通信講座を選びがちですが、結局利用していないって方が非常に多いので、通信講座を選ぶ際は、質問サポートなどの確実に利用するであろうサポートが含まれているかをチェックし、同条件で通信講座の受講料を比較するのがベターでしょう。

資格スクールの必要経費にあたる部分

通信講座の受講料には、上記で説明した教材やサポート内容のほかに、以下に挙げる費用も含まれております。

  • 通信講座の広告・宣伝費
  • 講師やスタッフの人件費
  • 事務所や教室の賃料

特に大手の資格スクールであれば、これら3つの費用にかかるウェートが大きく、必然的に通信講座の受講料も高くなってしまいます。

受講生からしてみれば、直接関係のない部分での費用となるわけですから、可能な限り抑えたいというのがホンネでしょう。

なかなか見極めが難しい部分ではありますが、以下のポイントに着目すればこの辺りの費用分を削っているかが分かります。

費用削減の見極めポイント
  • 通信講座専門で運営している
     通学講座をやっていない分、人件費、賃貸料が抑えられている
  • テレビCMや雑誌の広告であまり見かけないがネット上でよく見かける
     口コミ中心で行っているので、広告・宣伝費が抑えられている

特に2つ目の点で言えば、知名度があまりないという部分で不安に思われる方も多いかもしれませんが、教材やカリキュラムがしっかりしていれば、あまり気にする必要はないポイントだと言えるでしょう。

むしろ教材/カリキュラム/サポートが同じような内容で、知名度の有り無しで受講料が変わるんだったら、、、まぁ、どっちを選ぶのかは明白ですね^^

割引を適用した受講料で比較する

割引これは受講する時期やタイミングに左右されるところがありますが、多くの資格スクールでは、独自の割引制度があったり、また期間限定キャンペーンなどで大幅に受講料を割引をしているところもあります。

常設されている割引制度であれば、アナタがその条件に当てはまるかどうかを確認した上で、割引後の受講料で見積もればよいでしょう。

ただし、キャンペーン系のものについては、正直なところタイミングが資格スクール次第になってきますが、マメに公式サイトをチェックしたり、講座パンフレットを申し込み時に登録されるであろうメルマガでキャンペーンの通知をしてくれたりしますので、割引キャンペーンのタイミングを知る方法はいくつかあります。
※中には資料請求者限定の割引キャンペーンを行っているところもあったりします。

やはり、少しでも安く受講出来るにこしたことはありませんので、こういった割引はありがたく頂戴し、なるべく受講料を抑えるようにしていきましょう。

行政書士受験生に人気の通信講座ベスト3!

フォーサイトの行政書士通信講座 公式サイトフォーサイトで使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べて理解のしやすさという点においては一番の教材です。

受講費用に関しても基礎講座+過去問講座のセットで10万円以下となっており、講義付きの通信講座の中では業界最安水準価格となっております。

クレアール行政書士講座 公式サイトクレアールの通信講座は、平成18年度の試験変更からの過去問分析から抽出した「合格必要得点範囲」に的を絞った学習カリキュラム(通称:非常識合格法)が組まれてますので、無駄なく短期間で合格を目指すことが出来ます。

また、単科講座も充実しており、独学で行政書士を目指す方が弱点補強として取り入れていることも非常に多いです。

お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

ユーキャンの公式サイトテレビCMでおなじみのユーキャンですが、ここの行政書士合格講座は過去5年で1600名以上の合格者を輩出している実績十分の講座です。

初学者の方でも分かりやすい表現で構成されたテキスト、回数無制限の質問サポート、添削指導など、ユーキャンにはこれから行政書士の勉強をされる方のための環境が充実してます。

受講費用についても業界最安水準の63,000円となってますので、予算を抑えたい方は要チェックですね。

コメントを残す



CAPTCHA