講義教材をチェックする際に押さえておきたい3つのポイント

行政書士の通信講座の多くはテキスト教材と講義教材をセットで提供しており、授業を受けながら学習を進めることができることから、通学制の資格スクールと遜色のない試験対策を行うことが可能となってます。

ゆえに、講座カリキュラムにおける講義教材のウェートは非常に高く、ちょっとでも合わないものを選んでしまうと、以降の学習効率に大きく影響を及ぼしてしまいます。

そこで、本記事では講義教材を選ぶうえでチェックしておきたい3つのポイントをご紹介したいと思いますので、一緒に見ていきましょう。

提供方法をチェック

講義教材と言ってもその提供方法は様々で、学習する場所、学習スタイルに応じて適したものがそれぞれあります。

映像(動画)での提供?音声での提供?

多くの通信講座では、講義映像として提供しておりますが、中には音声のみ提供しているところもありますのでそこは必ずチェックするようにしましょう。

ちなみに音声講義はこれはこれで利用用途があり、例えば通勤中の電車の中や就寝前の布団の中で聞きながら学習するといった場面では結構重宝します。

まぁ、可能であれば映像、音声の両方を提供してくれる通信講座がベストと言えるでしょう。

Web視聴タイプ?講義DVDとしての提供?

最近ではインターネット(Web)で講義映像を配信する通信講座も増えてきており、勉強する場所で気軽にインターネットに繋ぐことが出来れば、視聴することが可能となります。

また、受講料の面でも講義がWeb視聴タイプのほうが安い傾向にありますので、少しでも受講料を抑えたいのであれば、Web視聴タイプを選ぶほうが良いと言えます。

ただし、インターネット環境がない方やDVDとして保管しておきたい方は必然的に講義DVD形式となってきますので、その辺りは用途に応じて選ぶようにしましょう。

マルチデバイス対応か?

こちらはWeb視聴タイプに限った話になりますが、スマホやタブレット端末などで視聴出来るようになっているかは必ずチェックしておきましょう。

Web視聴タイプなのに、マルチデバイス対応していないとなれば、その価値は半減すると言っても過言ではありません。

また、機種によっては講義動画の再生に対応していないこともあり得ますので、受講したはイイが再生できない、といったことにならないよう対象機種に入っているかは問い合わせて確認するようにしましょう。

収録方法をチェック

講義の収録方法については大きく分けて以下の2通りがあります。

通信講座専用として撮影されたもの

通信講座専用で撮影されている講義映像については、電子黒板やパワーポイントを使った合成映像など、様々な工夫がなされているものがあります。

また、基本的に1対1の形式を想定して収録されているため、目線も常に受講生であるアナタに向けられており、マンツーマン指導さながらの授業を受けることが可能です。

教室講義を撮影したもの

通学講座と通信講座を併設しているところの多くが、この形式で講義が提供されております。

講義内容の良し悪しはともかく、黒板が見づらかったり、途中で受講生の質問が割り込んだりするものもあったりしますので、通信講座専用で撮影されたものと比べると多少見劣りする感は否めません。
※講義内容重視であれば、それ程気にならないかもしれませんが、、

なお、通学講座用の講義を撮影したものが提供される場合は、黒板に書かれている内容を文章化した板書が教材として提供されているかを必ずチェックするようにしましょう。
※黒板が見づらい点は板書でカバー出来ます。

講義クオリティをチェック

最後に見るポイントとしては、講義そのもののクオリティ(品質)です。
クオリティと言っても、ポイントは様々で、映像、音声の品質、講師の話す声質や口調の速度、そして教え方そのものなど多岐に渡ります。

この辺りは実際に見聞きしないと判断が付かないポイントとなりますが、最近では講座パンフレットを申し込むと講義のサンプルを提供してくれるところもありますので、実際に自分の目で見て確認してから判断するのがベストと言えるでしょう。

ちなみに、以下の資格スクールでは講座で使用するテキスト、講義のサンプルを無料で提供してくれますので、事前に資料請求しておくことをオススメします^^

 フォーサイトの行政書士講座 公式サイト

 クレアールの行政書士講座 公式サイト

行政書士受験生に人気の通信講座ベスト3!

フォーサイトの行政書士通信講座 公式サイトフォーサイトで使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べて理解のしやすさという点においては一番の教材です。

受講費用に関しても基礎講座+過去問講座のセットで10万円以下となっており、講義付きの通信講座の中では業界最安水準価格となっております。

クレアール行政書士講座 公式サイトクレアールの通信講座は、平成18年度の試験変更からの過去問分析から抽出した「合格必要得点範囲」に的を絞った学習カリキュラム(通称:非常識合格法)が組まれてますので、無駄なく短期間で合格を目指すことが出来ます。

また、単科講座も充実しており、独学で行政書士を目指す方が弱点補強として取り入れていることも非常に多いです。

お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

ユーキャンの公式サイトテレビCMでおなじみのユーキャンですが、ここの行政書士合格講座は過去5年で1600名以上の合格者を輩出している実績十分の講座です。

初学者の方でも分かりやすい表現で構成されたテキスト、回数無制限の質問サポート、添削指導など、ユーキャンにはこれから行政書士の勉強をされる方のための環境が充実してます。

受講費用についても業界最安水準の63,000円となってますので、予算を抑えたい方は要チェックですね。

コメントを残す



CAPTCHA