受講料を比較する際に押えておくべきポイント

電卓

行政書士の通信講座は、基礎から過去問・答練を含むカリキュラムもので、安いものであれば10万円以下からありますが、20万円を超えるものまで幅広くあります。

「受講料が高いから内容が充実している」
「安いからあまり良くない」

と、決めつけてしまいがちですが、実はこれは間違いであって、高いもの安いものにはそれなりの理由があります。

そこで本記事では、通信講座の受講料を比較する際にどういったポイントに注意する必要があるのかを解説したいと思いますので、お目当ての通信講座の受講料をチェックする際の参考にしてください。
「受講料を比較する際に押えておくべきポイント」の続きを読む…

講義教材をチェックする際に押さえておきたい3つのポイント

スマホで学習する女性

行政書士の通信講座の多くはテキスト教材と講義教材をセットで提供しており、授業を受けながら学習を進めることができることから、通学制の資格スクールと遜色のない試験対策を行うことが可能となってます。

ゆえに、講座カリキュラムにおける講義教材のウェートは非常に高く、ちょっとでも合わないものを選んでしまうと、以降の学習効率に大きく影響を及ぼしてしまいます。

そこで、本記事では講義教材を選ぶうえでチェックしておきたい3つのポイントをご紹介したいと思いますので、一緒に見ていきましょう。
「講義教材をチェックする際に押さえておきたい3つのポイント」の続きを読む…

通信講座の運営実績を調べておこう

握手

行政書士の通信講座を選ぶうえで重要なのが「その通信講座を受講すれば合格できるか?」という点です。

もちろんどこの通信講座も不合格にするために運営しているところは一つもなく、合格できるかどうかは自身の努力によるところが大きいと言えますが、少しでも多くの方が合格している通信講座を選びたいというのがホンネとしてあると思います。

では、この通信講座の信頼度をどういったポイントで見ていけばよいかを管理人目線で解説していきたいと思います。
「通信講座の運営実績を調べておこう」の続きを読む…

テキスト教材をチェックするポイント

テキストチェック

行政書士の通信講座を選ぶ場合、使用するテキストの良し悪しによって、その後の学習進捗に影響を及ぼすと言っても過言ではないほど重要なポイントだと言えます。

市販の参考書・テキストであれば、「大は小をかねる」ではありませんが、ボリュームが多いものが良しとされている傾向にありますが、こと通信講座の場合は少々チェックする観点が変わってきます。

そこで、ここでは通信講座で使用するテキストを選ぶ際のポイントをご紹介しますので、実際に選ぶ際の参考にしてください!
「テキスト教材をチェックするポイント」の続きを読む…