行政書士の年収はどれくらい?

行政書士の平均年収は、一般的におよそ500万円程度と言われています。

ただし、弁護士や社労士の年収については厚生労働省による統計調査が行われておりますが、行政書士には公式な調査結果がなく、500万程度とはあくまで行政書士内でアンケートを取った結果なのです。

では、実際の行政書士の年収についてはどれくらいなのでしょうか?

そのあたりについて少し掘り下げてみましょう。

「平均年収500万」の罠

行政書士の年収まずはじめに言っておくと、『平均』という言葉に騙されてはいけません。

なぜなら、特に仕業関連の年収については上と下とでかなり差が激しい傾向があるからです。

仕事に関わる人脈が多い方や飛び込み営業に強い方については仕事が多く実績も付いてきますし、そしてその実績を武器により多くの仕事が舞い込んで来るので収入はグッと上がります。

典型的な行政書士でのサクセスストーリーですが、逆に人脈もない、実績もなく結果、仕事もこない行政書士もやはり数多くいらっしゃいます。

やはりスキルによって差が激しい職種であるため、年収にかなりの開きが出てきてしまいます。

実は行政書士は、平均年収500万と言いながらも、年間売上高500万円未満という回答が全体の約76%を占めております。

そして「売上高」であるため、実際に手にする年収はそれより下回ります。

「行政書士のほとんどが年収300万円以下で、専業では食べていけない」

このような言葉は、良く聞きますがあながち間違いではないようです。

行政書士は本当に年収が低いのか?

成功ではここで「行政書士は本当は儲からない職業なのだ」と言い切ってしまっても良いのでしょうか?

答えは『No』です!!!

というのも、行政書士内でアンケート結果では、年間売上高1,000万円以上という回答が約10%あり、そのうち5,000万円以上という回答も0.8%あります。

行政書士は全国に約4万人以上も登録されておりますが、この比率を当てはめてみると、少なくとも行政書士の4000人は年収1000万円以上というサクセスストーリーを実際に歩んでいるのです。

先ほど説明したとおり「行政書士のほとんどが年収300万円以下で、専業では食べていけない」という言葉とは逆に

「行政書士は業務範囲が広く、年収1,000万円以上を稼いでいる」

という言葉も間違ってはいないのです。

また、ちょっと生々しい話かもしれませんが、現在、一番年収の高い職業が航空機操縦士で年収1700万程度。日本の中枢である政治の総理大臣の年収は約4000万円
少なくとも行政書士4万人の0.8%にあたる約320人はこれらのエリート職業の平均年収を大幅に超えて稼いでいるのです!

そう考えると、行政書士は頑張ればかなり稼ぐことが出来る職業と言えるのではないでしょうか?

行政書士受験生に人気の通信講座ベスト3!

フォーサイトの行政書士通信講座 公式サイトフォーサイトで使用している教材は、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキスト、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べて理解のしやすさという点においては一番の教材です。

受講費用に関しても基礎講座+過去問講座のセットで10万円以下となっており、講義付きの通信講座の中では業界最安水準価格となっております。

クレアール行政書士講座 公式サイトクレアールの通信講座は、平成18年度の試験変更からの過去問分析から抽出した「合格必要得点範囲」に的を絞った学習カリキュラム(通称:非常識合格法)が組まれてますので、無駄なく短期間で合格を目指すことが出来ます。

また、単科講座も充実しており、独学で行政書士を目指す方が弱点補強として取り入れていることも非常に多いです。

お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で講座を探されてる方にも十分範囲内だと言えますね。

ユーキャンの公式サイトテレビCMでおなじみのユーキャンですが、ここの行政書士合格講座は過去5年で1600名以上の合格者を輩出している実績十分の講座です。

初学者の方でも分かりやすい表現で構成されたテキスト、回数無制限の質問サポート、添削指導など、ユーキャンにはこれから行政書士の勉強をされる方のための環境が充実してます。

受講費用についても業界最安水準の63,000円となってますので、予算を抑えたい方は要チェックですね。

コメントを残す



CAPTCHA